• Event
Icon admin ORANGE BRAINERY Desk
2018/Jul/23 18:04

天草と南蛮食文化を旅する夏の夜  vol.2

main-img

今回、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の登録を記念して、

「天草と南蛮食文化を旅する夏の夜 vol.2」を開催いたします。

 

ポルトガル人宣教師によってキリスト教が伝えられた天草は、南蛮文化の影響を受けた地。

今回は‟南蛮菓子”にフォーカスし、ポルトガルと天草の菓子の共通点や、現在も天草に残り続ける南蛮菓子について迫ります。

“ポルトガルのリスボンからイチジクの苗が持ち込まれた”との記録もあり、天草はイチジク発祥の地とも言われる天草。今でも天草でイチジクは南蛮柿と呼ばれ、南蛮柿を活用したお菓子も多くつくられています。

そして今回も、ポルトガルや南蛮食文化をライフワークとしている馬田草織さん(「ポルトガル食堂」主宰)をお迎えし、ポルトガルと天草の美味しい関係を学び、南蛮菓子とポルトガルワインを味わいながら、天草の美味活用をみんなで考えていきます。

他にも、世界文化遺産登録が確定した瞬間のエピソードや、世界のイルカ生息地を巡り最終的に天草に住み着いた女性のお話など盛りだくさん。

天草を旅する夏の夜を、みんなでたのしみましょう。 

 

 

「天草と南蛮食文化を旅する夏の夜 vol.2」

●日時:2018年8月2日(木)19:30~21:30

●出演:馬田 草織(ポルトガル食堂主宰)、明瀬 晴彦(天草飴本舗代表)

     秡輪 麻由(天草市職員)、高崎 ひろみ(天草イルカラボ代表)

●会場:ORANGE BRAINERY(神谷町)

●アクセス:東京都港区麻布台1-11-10、最寄駅 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅

●定員:20名(予定)

●参加費:3,500円(税込)※南蛮菓子、ポルトガルワイン付

●申込:Peatixにて

    https://amakusan.peatix.com/

   ※イベント当日のキャンセルは返金対応はいたしませんのでご了承ください。

 

<Profile>

◯馬田 草織(ポルトガル食堂主宰)

フリーランス編集者・ライター。1児のママ。出版社に勤務後独立され、食を軸に女性誌や書籍、WEBなどで幅広く活動中。

ポルトガルの食文化に魅かれ、ポルトガルの家庭料理とワインを楽しむ料理会「ポルトガル食堂」を都内で定期的に開催されており、書籍も出版されている。